ネットでの起業や集客を少しでもしたいと思っているならTHE WEBMAのメルマガ登録
 
メルマガ登録

ソーシャルメディアマーケティングプランの作り方

ソーシャルメディアマーケティングプランの作り方

マーケティングのエキスパート、Robert W. BLY氏がソーシャルメディアマーケティングの上手なプランづくりを5つのステップに分けて大公開。

1, ゴール設定

どんなソーシャルメディアを利用するにしても、まず肝心なことはゴール設定である。ゴール設定は、せいぜい2-4つぐらいにとどめるべきで、多すぎてはいけない。例えば、最優先するゴールはブランドを認知してもらうこととカスタマーロイヤリティーを向上させることに設定。第二のゴールはトラフィックを増やすこととメルマガの読者を増やすことに設定、といった具合だ。このゴール設定によって、使うべきソーシャルメディアを選ぶことになる。

2, ソーシャルメディア選び

現在利用中のソーシャルメディアがあれば、その使い方と成果を検証する。利用していなければ、マーケットをリサーチする。誰がソーシャルメディア場でつながっているのか、ターゲットはどのソーシャルメディアを頻繁に利用しているのか、競争相手と自分のソーシャルメディアの取り組みはどのように違うのか。これらを検証することで、力を入れるべきソーシャルメディアが自然とわかるはずだ。

3, 運用開始

ソーシャルメディア選びが終わったら、自分の存在を知らせよう。まずは、プロフィールを作成する。プロフィールは、事実をユニークに伝えるべきだ。常にオーディエンスとゴールを意識して作り込んでもらいたい。

また、ソーシャルメディアの運用で成功している企業のページも参考にしてもらいたい。ページの構成から、どんな記事に反響があるかなどを学びあなたの運用に活かして欲しい。

4, オーディエンスとの交流

絶対に行って欲しいことが、オーディエンスとの交流だ。オーディエンスの意見は、運用に成功している企業と同等に価値がある。特に、コメントを残してくれたオーディエンスとは積極的に交流を取るべきだ。コメントの内容がネガティブなものであったとしても。必ず得るものは大きい。

5, コンテンツと頻度

どのソーシャルメディアでも、コンテンツがとても重要である。まずは、どのようなコンテンツを発信していくのか、ターゲットとゴールをしっかりと考慮して決めてもらいたい。

また、発信の頻度だが、最新の研究によると多すぎず定期的が理想的だ。例えば、Facebookなら1日に1-2回。Twitterなら多くても3度がお勧めだ。あくまで平均の話なので、オーディエンスの反応を見ながら、回数を調整するべきだろう。

この記事は、下記海外の記事をウェブマーケッター、ネットビジネスマン向けに日本語訳、再編集し提供しています。

FACEBOOKで拡散しよう!

1000万円超を多数輩出したYaro Starak ブログ収益化構想

THE WEBMAでは海外の最新ウェブマーケティング情報を配信しております。

その意図はビジネスの、特にインターネットを利用したビジネスの最先端は海外にあり、その情報をいち早く取得する事が自身のビジネスの成功の最大のカギになると思っているからです。

このEbookは海外で10万回以上ダウンロードされ、15万人以上がメルマガ登録しているYaro StarakのEbookを翻訳しビジネスに活かされる方に提供しています。

これからネットビジネスに参入をお考えの方、店舗を構えていらっしゃりウェブでの集客をお考えの方には「なぜあの企業はオウンドメディアを発足しているのか、なぜ無料でレポートを提供してくれるのか」など、ネットでのビジネスの概要が掴めるかと思います。

ぜひ最新のウェブマーケティング情報を入手し、あなたのビジネスにお役立て下さい。

1000万円超を多数輩出したYaro Starak ブログ収益化構想