ネットでの起業や集客を少しでもしたいと思っているならTHE WEBMAのメルマガ登録
 
メルマガ登録

自社の商品のブランディングの際に重要な4つのこと

自社の商品のブランディングの際に重要な4つのこと

起業する時や新しいブランドを立ち上げることは簡単ではありません。スキル、経験、時間、そして少しの運が必要です。一つの失敗が最高のアイディアを台無しにしてしまうこともあります。起業やブランディングを成功させるために、以下の4つのことを参考にしてください。

1, 競争相手との差別化。

2009年に私たちは中国の自動車会社Great Wall Motorのコンサルティングを開始しました。Great Wall Motorの調査によると、当時の中国の消費者は、SUVよりもセダンの方を好むことが判明しました。SUVは実用性があるものの高級感がなく、中国ではセダンに乗ることが一種のステータスだったのです。しかし、SUVへの需要はマジョリティーではないものの確かに存在していました。競争相手となる自動車会社は28社あり、そのどれもがセダン作りに力を入れていました。差別化を図る意味でも、我々はGreat Wall MotorにSUVの生産に力を入れることを進言し、その戦略が成功しました。Great Wall Motorは現在、中国最大で、最も利益を上げる自動車会社へと成長しました。

競争相手と市場を分析し、差別化を図りブランドイメージを確立していくことで競争に加わらずして競争相手に差をつけることが可能なのです。

2, 強みの認識

成功しているブランドは、焦点を絞ります。アメリカの大手4社を例に見てみましょう。まず、業界1位のPizza Hutはリーダーシップに焦点を当てています。次に2位のDomino’sはデリバリーに焦点を当てています。3位のPapa John’sは材料の質に焦点を当て、4位のLittle Caesarsは更に絞り込み、価格に焦点を当てています。

ブランディングで大切なことは強みを見つけ、それに基づきゴールを決めアクションを起こしていくことです。どのカテゴリーで競争をするのかを決めるべきです。そして競争相手との違いを明確にすることです。

3, 視覚に訴える

多くの成功しているブランドは、視覚的な効果をうまく使っています。Coca-Colaのボトルの輪郭、Marlboroのカウボーイ、Coronaのライムなどが例です。

商品やサービスを立ち上げる前に、マーケティング戦略を強化する、視覚的な要素を考えるべきでしょう。視覚的な要素が戦略やブランド名を良い方向に変えることもあります。

4, PR

ブランドがすぐに軌道にのるというような楽観的な予測はお勧めできません。立ち上げに当たって、いきなり広告費をかけすぎることになりかねません。まずはPRに力を入れ、ある程度認知された時点で広告に力を入れていくべきです。また、PRには十分な時間をかけるべきです。

この記事は、下記海外の記事をウェブマーケッター、ネットビジネスマン向けに日本語訳、再編集し提供しています。

FACEBOOKで拡散しよう!

1000万円超を多数輩出したYaro Starak ブログ収益化構想

THE WEBMAでは海外の最新ウェブマーケティング情報を配信しております。

その意図はビジネスの、特にインターネットを利用したビジネスの最先端は海外にあり、その情報をいち早く取得する事が自身のビジネスの成功の最大のカギになると思っているからです。

このEbookは海外で10万回以上ダウンロードされ、15万人以上がメルマガ登録しているYaro StarakのEbookを翻訳しビジネスに活かされる方に提供しています。

これからネットビジネスに参入をお考えの方、店舗を構えていらっしゃりウェブでの集客をお考えの方には「なぜあの企業はオウンドメディアを発足しているのか、なぜ無料でレポートを提供してくれるのか」など、ネットでのビジネスの概要が掴めるかと思います。

ぜひ最新のウェブマーケティング情報を入手し、あなたのビジネスにお役立て下さい。

1000万円超を多数輩出したYaro Starak ブログ収益化構想