ネットでの起業や集客を少しでもしたいと思っているならTHE WEBMAのメルマガ登録
 
メルマガ登録

5ドルで成果を出した人物に学ぶFacebook広告運用4つのポイント

5ドルで成果を出した人物に学ぶFacebook広告運用4つのポイント

クレジット表記:Alexey Boldin / Shutterstock.com

最高の商品を作ったところで、誰にも知られなければ意味がない。どんなビジネスも、適切なブランドプロモーションが非常に重要である。

Facebookのビジネスページを運用中の方で、どんなにいいコンテンツを作っても、ある地点でいいね数やシェア数が止まってしまうという悩みを持っている人は少なくないはずだ。

Rebecca Coleman氏は実際に$5で Facebook広告を運用し、素晴らしい成果を上げた。Coleman氏曰く、定期的に$5 程度の広告を続けることは非常に効果的だとのことである。

以下の4つのポイントを参考に、ぜひ実践していただきたい。

1、どの記事に対して広告を出すのか厳選をする

誰にとっても広告予算は限られているはずなので、ただ闇雲に広告を出すのはお勧めできない。

どの記事に対して広告を出していくのかしっかりと厳選することが重要だ。

広告会の権威、Michigan State UniversityのJef Richards教授は、「戦略のない創造性が芸術であり、戦略のある創造性が広告だ。」と語っている。

2、お客さんを巻き込むような写真やコンテンツに広告費をかける

Facebook上には毎日350万枚もの写真が投稿されている。なんの特徴もない写真をアップするだけでは特に目立たず埋もれてしまい、ライバルとの競争に勝つことはできない。普通以上のことをしなくてはいけないのだ。

お客さんを巻き込んで親近感がもてる写真、驚きや学びを与えるようなコンテンツに広告費をかけるべきである。

ビジネスや、あなたにまつわるストーリーを活用しオーディエンスを惹きつけることは非常に効果的である。

3、ターゲットを明確にする動きを取り入れる

Facebookでは、「自分のページをいいねしてくれた人」「自分のページをいいねしてくれた人とその友達」さらに、もっとカスタマイズしてターゲットを絞り込むことが可能だ。

自分のページをいいねしてくれた人たちをターゲットにする利点は、彼らが自分のブランドを少なからず知っているという点である。

他に役立つ機能としては、現在の顧客と似た特徴を持つオーディエンスに絞り込んで広告を打つことも可能だ。リマーケティング機能で、一度自分のサイトを訪れたユーザーを追跡して広告を出し続けることも可能である。

4、広告終了後のフィードバックを忘れない

あなたがどれだけいいと思ったコンテンツでも、成功につながるとは限らない。

クリック数、アクション、いいね、シェア、コメントなどを定期的に分析し、効果を測定しなければいけない。Google Analyticsも併用し、Facebookからの流入数も確認し、滞在時間なども確認できる。

結果を参考にウェブサイト、Facebookのコンテンツを改良していくことが可能だ。

FACEBOOKで拡散しよう!

1000万円超を多数輩出したYaro Starak ブログ収益化構想

THE WEBMAでは海外の最新ウェブマーケティング情報を配信しております。

その意図はビジネスの、特にインターネットを利用したビジネスの最先端は海外にあり、その情報をいち早く取得する事が自身のビジネスの成功の最大のカギになると思っているからです。

このEbookは海外で10万回以上ダウンロードされ、15万人以上がメルマガ登録しているYaro StarakのEbookを翻訳しビジネスに活かされる方に提供しています。

これからネットビジネスに参入をお考えの方、店舗を構えていらっしゃりウェブでの集客をお考えの方には「なぜあの企業はオウンドメディアを発足しているのか、なぜ無料でレポートを提供してくれるのか」など、ネットでのビジネスの概要が掴めるかと思います。

ぜひ最新のウェブマーケティング情報を入手し、あなたのビジネスにお役立て下さい。

1000万円超を多数輩出したYaro Starak ブログ収益化構想